大阪シャムアさんでの展示販売

22日〜31日まで大阪のシャムアさんの
ギャラリースペースに
木枠ブローチを並べていただきます。
いつも作品を取り扱いいただいている、
DECOLA.さんの 『旅するDECOLA。』イベントです。

初めての大阪での展示にドキドキ。
数は少ないですが、
こぎん刺し、菱刺しの模様で、
すべて柄の違うアイテムを
ご用意いたしました。

お時間ありましたら、
足をお運びいただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

木枠ブローチ(オーバル)
木枠ブローチ(オーバル)
木枠ブローチ(サークル)
木枠ブローチ(サークル)
木枠ブローチ(スクエア)
木枠ブローチ(スクエア)

以下、イベント詳細です。(instagramへリンク)

<場所>
*shamua さん
大阪市西区北堀江1-6-4 欧州館3F
06-6538-9860

<イベント>
*旅するDECOLA。
7月22日〜31日
12:00〜20:00
定休日・水 ・
22日のみ 室井雑貨屋さん、DECOLA。さん在廊

*参加作家さん
室井雑貨屋 さん/陶器、原画、ワークショップ
ミナコキーヌ さん/コットンパール アクセサリー
シモオオゾノ ミホ(mimie)さん/プラ板 ブローチ
kokohana* かわしまひろこさん/フラワーリース、ブローチ
糸と土 calaliさん/buhiあずま袋、がま口
Likka (Kanae Yoshida)/こぎん刺し、菱刺し 木枠ブローチ

菱刺しの展示会へ。

昨日は、菱刺しの展示会へ行ってきました。

菱刺しは、こぎん刺しよりも刺し手が少ない事もあり、展示会は貴重です。
たくさんの菱刺し作品を拝見できるこの日を心待ちにしていました。

『南青森のイロドリ 菱刺し展』
つづれや(山田 友子さん)
雨と麦(齋藤 友貴さん)
おふたりでの展示会です。

instagramにも書きましたが、
山田さんの大地を感じる力強くも優しい草木染めの菱刺し、
雨と麦さんのポップな色遣いの中にも奥行きと景色のある菱刺し、
お二人の世界を堪能してきました。

草木染め糸、後染めの前垂れ(つづれやさん作品)
草木染め糸、後染めの前垂れ(つづれやさん作品)
夕陽と海を表現されているそう(雨と麦さん作品)
夕陽と海を表現されているそう(雨と麦さん作品)
『くものいがき』まで丁寧に作りこまれた前垂れ(つづれやさん作品)
『くものいがき』まで丁寧に作りこまれた前垂れ(つづれやさん作品)
目の細かい生地にみっちりと『地刺し』されたタペストリー(雨と麦さん作品)
目の細かい生地にみっちりと『地刺し』されたタペストリー(雨と麦さん作品)

会場には、先日のこぎんワールドでご挨拶させていただいた山端 家昌さんもいらっしゃり、また、いつかお目にかかれたらと思っていた倉茂 洋美さんにもお会いできました。
雨と麦さん、つづれやさんにお会いするのもドキドキでしたのに、さらに嬉しい出会いがあり、それはもうドッキドキでした!

そして危うく自分がお客で来ていることを忘れそうなくらい会話が止まらず、
気づけば外は真っ暗、夜になっていました・・・。

まだまだ勉強不足のわたしなどが、
ご活躍中の先輩方とお話しさせていただき、
恐縮しつつも大変嬉しく、貴重な楽しい時間を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました。

『南青森のイロドリ 菱刺し展』
http://www.amusemuseum.com/blog/2016/10/post-645.shtml

雨と麦
http://ametomugi.hatenablog.com

つづれや
http://hishizashi.jimdo.com

こぎん刺しの展示会へ。

この秋、こぎん刺し、菱刺し、ふたつの展示会を拝見する機会に恵まれました。

まずはこぎんから。

『こぎんワールド〜津軽こぎん刺し×デザインの研究〜』

こぎんワールド
こぎんワールド

グラフィックデザイナーの山端家昌さん独自の視点から生まれた、
『刺していない』こぎん作品、斬新で大変面白く拝見しました。
(もちろん刺しているのもありましたよ!)

特に、わたしは、こぎんの組み合わせ模様の展開・分解図が興味深くて凝視!!
何枚も写真を撮らせていただきました。
複雑なモドコの組み合わせだなぁと思っても、
分解してみると意外とシンプル。
でも、組み合わせた構成を考えるのは難しいのです。
昔の女性はこれを頭の中で考え見て覚え、刺していたなんて、
本当にすごい!とあらためて感じました。

モドコの重なり。実際に板を重ねて表現されていました。
モドコの重なり。実際に板を重ねて表現されていました。
モドコの分解図。本にしてほしい!
モドコの分解図。本にしてほしい!

他に、石田昭子さん所蔵の古作展示も大変見応えありました。

圧巻の古作こぎん刺し
圧巻の古作こぎん刺し

山端さんともお話させていただき、
たくさん作品も拝見できてとても貴重な時間でした。
心がこぎんで満たされた〜!
ありがとうございました!!

こぎんワールド
http://kogin.net/world/

kogin.net 津軽こぎん刺し模様 × デザインの可能性
http://kogin.net