イベントに出店しました

先日、葛飾区青戸で行われた青空市に出店しました。
ハロウィンと重なって、仮装したスタッフやお客様がいっぱい!
お天気も良く、賑やかで楽しい一日を過ごすことができました。

足を止めて作品を見てくださったお客様、
どうもありがとうございました。

Likkaのこぎん刺しをみていただき、ありがとうございました!
Likkaのこぎん刺しをみていただき、ありがとうございました!

最近作ったもの

秋冬っぽいこぎん刺しアイテムいろいろ作りました〜。

まずは定番。こぎん刺しコースター。
ふたつずつ、色や配置を思案しながら刺しました。

こぎん刺しコースター
こぎん刺しコースター

模様は左から、
結び花、
結び花、
菱刺し、
竹の節
です。

こぎん刺しは、同じ名前の模様(モドコ)でも柄の違うものが数種類あります。
結び花や竹の節は柄の種類が多いです。
それから今回は菱刺しの地刺し模様も取り入れてみました。

こぎん刺し木枠のブローチ
こぎん刺し木枠のブローチ

以前から作りたかった木枠のブローチ。
どこか北欧を思わせるような懐かしい感じに仕上がりました。

モドコは上から、
縦模様、
糸流れ、
松笠と糸流れ(オリジナルのアレンジ)
です。

松笠と糸流れとアレンジはかなり気に入っています。
セーターの模様にありそうな雰囲気。
こういうノスタルジックな感じ、好きなのです。

追記:上から2番目のモドコは「糸流れ」と書きましたが、
鎌田久子先生の本には、「変わり鋸の歯」とありました。
いろんな呼び方があるので、どれが正解かはわかりませんが、
今後は「変わり鋸の歯」と呼ぶことにしようと思います。

こぎん刺し草木染めのショールピン
こぎん刺し草木染めのショールピン

ショールピン?ストールピン?カブトピン?
どの呼び方が正解かわかりませんが、
ストールを留めたい!と思って、ピンブローチを作ってみました。
うっすらグラデーションの入った草木染め糸がいい雰囲気。
綿の糸を使っているので、シーズン問わずお使いいただけます。
モドコは、
市松、
鋸の歯
です。

こちらはすべて9月、10月にdecola.さんに納品したものです。
そのうち、他のところでも販売できたら…と考えています。